大注目の「大阪大学 高血圧ワクチン」を検索してみた結果!

政治、 経済

大注目の「大阪大学 高血圧ワクチン」を検索してみた結果!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
高血圧ワクチン

「高血圧ワクチン」の治験開始へ 1回注射するだけで血圧を下げる効果が数年間持続か

高血圧ワクチン

高血圧治療ワクチンの臨床試験がスタートへ
 高血圧患者の多くは、服用を続ける「降圧剤」をなかなか手放せない現実がある。だが、そうした状況を根本から一変させる画期的な研究が進められている。高血圧に悩む都内在住の60代男性が語る。
「降圧剤を医師から処方されました。でも毎日欠かさず薬を飲むのは大変で、つい飲み忘れてしまう。女房からは“なんで忘れるの”といつも怒られます……」
 多くの高血圧患者は医師から降圧剤の服用を薦められる。だが降圧剤は毎日服用しなければならず、この男性のように飲み忘れてしまうケースが多い。服用を怠ると血圧が急上昇し、脳卒中などのリスクが高まる。
 薬を飲み続けることは煩わしく、「一生“薬漬け”で過ごすのはイヤだ」との声も多く聞かれる。しかし現在、そんな面倒な毎日を一変させる「高血圧ワクチン」の開発が急ピッチで進んでいる。
 12月上旬、バイオベンチャー企業のアンジェスMGと大阪大学の森下竜一教授らは、高血圧治療のワクチンの臨床試験(治験)を2017年からオーストラリアで開始すると発表した。そのワクチンは、毎日服用しなければならない降圧剤と違い、1回注射するだけで血圧を下げる効果が数年間にわたって持続するという。
◆「隠れ高血圧」にも対応
 高血圧患者にとって渡りに船となる「高血圧ワクチン」はどのようなものか。
 人間の体内には異物を退ける「免疫システム」が備わっている。ワクチン療法とは、体内に病原体などの「抗原」を送り込むことで免疫システムを活性化し、病原体に抵抗する「抗体」、つまり免疫を生成することで、感染症を予防・治療するものだ。
 そこから一歩進んだのが、抗原の遺伝子を注入する「DNAワクチン」だ。感染症のほか、がんやアルツハイマーなどでも開発が進み、「未来のワクチン」と呼ばれる。今回、治験が始まる「高血圧ワクチン」もDNAワクチンの一種だ。ワクチンの開発者である森下教授が解説する。
「人間の体内には、血圧を上げる働きを持つ物質『アンジオテンシンII』があり、この物質が体内で生成されて腎臓に作用すると血圧が上昇します。私たちが開発したワクチンはこの物質を生み出すDNAとタンパク質を体内に投与し、免疫機能を活性化させ血圧の上昇を防ぎます」
 では高血圧ワクチンは従来の降圧剤と何が違うのか。決定的な違いは、ワクチン効用の「持続期間」だと森下教授が続ける。
「従来の降圧剤は服用のたびにその都度、血圧を上げる物質を抑える“対処療法”で効果は短いものが多い。ですが、ワクチンを摂取すれば体内に抗体を維持し続けるため、1回の注射で数年以上にわたって効果の持続が期待できます。
 ネズミの実験では寿命の4分の1にあたる半年以上も効果が続きました。単純比較はできませんが、これは人間に当てはめると20年以上に相当します」
※週刊ポスト2016年12月23日号

出典 http://news.nifty.com

高血圧ワクチン

高血圧ワクチン

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

背中脱毛

タグ

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録